男性

インターホンや鍵を最新型に交換することで防犯性が向上する

床を綺麗に保つ

部屋

老朽化が進んでしまった家の壁や床をそのままにしてしまうと、耐久性などに様々な問題や危険性が生じてしまいます。家一軒まるごとリフォームに出してしまうと、莫大な費用がかかってしまうことや、作業期間によっては明け渡しの期間まで他に宿泊先を手配しなくてはなりません。そのような負担を軽減する為にも段階的なリフォームを行なうことにより、費用にも優しく家を維持することが出来ます。その部分的なリフォームの中でもフロアコーティングといった、フローリングの耐久性を上げるコーディングを施すことで輝きある床を維持することが出来るのです。フロアコーティングは種類や施工する物件の築年数などにより価格は変動しますが、フロアコーティングの種類として、耐久性や耐熱性に優れ床の光沢を長期間に渡り維持するUVコーディングや、撥水性に富んだシリコンコーティング、傷に強く床の材質をそのままで活かすことが出来るガラスコーティング、施工価格が安く塗り直しが容易にできるアクリルコーティングといった、特性豊かな豊富な種類で家の雰囲気に叶うフロアコーティングをお選びになることが可能になります。フロアコーティングの価格も3万円程から販売されているものから、20万円前後までかかってしまう商品があります。価格や種類に応じて、フロアコーティングの効果の期間に差がありますので、居住年数などを考えた上で、商品を選択されても良いでしょう。